WHAT'S NEW

新着情報

リムジンで旅したい!? 白ワインと赤ワインの違いをご存知ですか?【山梨ワイン編①】

SADOYAWINERY_wineshop_000

山梨県はいくつかのブロックにわかれています。東京に近い大月方面、長野に近い清里方面、静岡に近い河口湖方面、中心地の甲府方面という風に4ブロックぐらいありますが、今回は甲府をご紹介していきます。

山梨の甲府を含むプランはこちらから。

山梨と言ったらまずはワイン

ワインの名産地は大阪とここ山梨です。この一番上の画像は甲府駅の北側にあるサドヤワイナリーさんです。詳しくは上記のリンクのプランをご確認ください。

山梨県は何を隠そう、ぶどうの名産なんですよ。勝沼ぶどう郷駅というフルーツの名前がついている駅はここだけではないでしょうか?甲府より少し東京側に位置するのが勝沼ぶどう郷です。この勝沼がもっともワイナリーが多い地域になっています。サドヤワイナリーさんは山梨ではトップクラスに有名なワイナリーなのですが、他にも有名どころだと、キッコーマンが運営するマンズワインさんです。勝沼・小諸両(長野県)の2か所にあります。あとはシャトーメルシャンさんとシャトー勝沼さんです。シャトー・メルシャン勝沼ワイナリー、桔梗ヶ原ワイナリー(長野)、椀子ワイナリー(長野)こちらも山梨と長野にあります。

なんで山梨、長野に密集するかというと、ずばり気候です!ぶどうは寒暖差のある場所が成長すると言われています。なので甲府盆地が適しています。あとは台風があまり通らないですし、勝沼や甲府はあまり大雪が降りません。山梨で雪がすごいのは清里と大月方面でここの盆地は比較的雪が積もらないのです。雪が積もるとフルーツは病気になりがちですし、台風なんて来た日には商品になりません。ちなみに、ぶどうの起源は平安時代で本格的に栽培が始まったのは鎌倉時代の山梨だそうです。(諸説あります)

bd2a1675e8744aa6cae10a4617dbad8f

ワインを知ろう!

今回はワインの概要を書いていきます。上記の写真はシャトー勝沼さんのワインです。こちらのプランは
こちらからどうぞ!

ワインでまず驚くのが、赤ワインと白ワインって赤いピオーネと緑のマスカットで色分けして作っているわけじゃないですよ?(笑)ぶどうの色でワインの種類が違うわけではございません。

Nomooo_93086_9faf_1

参照元URL:https://www.excite.co.jp/news/article/Nomooo_93086/

この画像を見るとぶどうの色で違うワインが出来上がるのだと思ってしまいますが、先ほどもお伝えしたようにそれは間違いです。ワイン用のぶどうは黒ぶどうと白ぶどうがあり、赤ワインでは黒ぶどう、白ワインでは白ぶどうが使われますが、白ワインでも黒ぶどうを使っているものはあります。つまり、色はぶどうの違いではなく、製造方法の違いにあります。

赤ワインの製造方法は果汁に皮や種を漬け込んだ状態で発行させ、白ワインは皮や種を取り除いて果汁のみ発行させます。種や皮が入ることで色素が抽出され赤ワインになるのです。皮や種を入れることで深い赤、重たい、まったりとしているという表現に繋がってきます。

逆に種や皮がないのですっきりとした感じなのが白ワインということになります。ロゼはこの中間で種と皮が入った状態で発行しますが、色が少し出たら取り除くので赤と白の中間になります。

次回はもう少しワインについて深掘りしてみましょう。

ワインと大人の旅は是非、リムジンで。
LIMOLOは皆様の優雅な旅をご提供いたします。

リムジンで旅したい!?甲州ワイン【山梨甲府ワイン編②】
https://limolo.jp/whatsnew/7255/

プランはこちらから
https://limolo.jp/plan/

記事一覧

CONTACT

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00050-8880-5400