WHAT'S NEW

新着情報

おすすめの関東近郊の温泉【箱根編】3選

AdobeStock_128833494.jpeg

日本は昔から温泉が良く湧く土地柄です。この理由は火山にあります。島国の日本の地下は火山帯の宝庫となっています。火山帯では深層部から上昇してきマグマが地下数キロから数十キロの場所でマグマ溜まりが起こります。ここの温度は1000℃以上の高温なのですが、この熱が伝わり、周辺にある地下水が暖められ、ボーリングなどで地表に出てきます。

地下水は雨や川などの水が地下へと浸透したものになります。その過程で地下の養分や温度変化によって独特な水質となっています。温泉地は火山や山、標高の高い所がよく温泉街って言われていますよね?日本ならどこでも掘れば湧くらしいですが、比較的簡単に湧くのがそういった条件の整った場所です。

関東近郊の温泉街と言えばまず真っ先に思いつくのが箱根、伊東、鬼怒川温泉、草津温泉、伊香保温泉、石和温泉など有名な温泉街がありますが、今回は有名な温泉街をご紹介していきます!!

箱根温泉

まずは箱根温泉からご紹介していきます。箱根温泉はどこにあるかというと神奈川県の西の方にあります。この近くには湯河原など温泉街近くにありますが、知名度で言ったらダントツ箱根温泉だと思います。箱根温泉でも厳選して3つご紹介していきたいと思います。

箱根湯本温泉 ホテル南風荘
一つ目は『箱根湯本温泉 ホテル南風荘』さんです。ここはじゃらんアワードの関東甲信越エリア1位を3年連続で取っているだけあってよい口コミを散見します。その中でも女性層からの人気が高いです。その理由としては赤ちゃんを連れて行った時の対応が素敵とのことでした。ベビーソープはもちろんのこと、オムツ専用のごみ箱もちゃんと用意がありました。

他にもコロナが心配の高齢者のお客様にとっても対策も万全で、食事や接客も申し分ない素敵な場所とのことです。温泉も広く、箱根の風を感じながら開放感のある場所となっています。

また、水質はアルカリ性単純温泉で湧出口温度が57.6℃か38.4℃ロなっています。源泉で自分の所で湧いた温泉です。適応症は下記のとおりです。
神経痛・筋肉痛
関節痛・五十肩
うちみ・くじき
疲労回復・冷え性

箱根小涌園 天悠
天悠はまだできたばかりの新しい施設となっています。開業は20174/20です。名前の由来ですが、『天』とは、すべての方をやさしく包み込む、 天のように広い絶対的な包容力。を表し、『悠』は時の流れを忘れさせる、 悠々とした癒しのひととき。を表現しています。

口コミもお部屋、温泉ともに満足度が高く、さらにスタッフの対応もとても良いとのことでした。男女そして年齢層も幅広く愛されています。
泉質はナトリウム-塩化物泉で効能は下記のとおりです。
関節痛、筋肉痛、五十肩など

下記の画像は全客室についている『露天温泉』です。プライベートでゆっくり寛ぐことが出来ます。

参照:天悠HPより 

下記の画像は6階にある大浴場『浮雲の湯』です。なにも遮るものがなく、絶景の眺めとなっております。

参照:天悠HPより 

下記の画像は5階にある大浴場です。『車沢の湯』ですが森林浴を楽しみながら自然を五感で感じて温泉につかることが出来ます。

参照:天悠HPより 

参照元リンク:こちらから

箱根の湯
続いてご紹介するのは箱根の湯です。箱根の湯をご紹介した理由はとても気軽に生きやすいのが特徴です。都心からですと、まずは新宿あたりから小田急線の箱根ロマンスカーに乗って箱根湯本駅まで行きます。そこを降りるとロータリーがあるので100円で乗れる巡回バスにのって箱根の湯で降りるだけです。車でお越しの人は無料の駐車場があるのでゆっくり温泉が楽しめて安心です。ここは日帰りの温泉が楽しめる場所となっています。

休息ルームは無料で使えて仮眠することもできます。軽食もあるのでリーズナブルな1000円以下でお食事をとることが出来ます。

また、2時間で6畳タイプのお部屋が2000円から貸切ることもできます。延長は1時間で1000円となっています。大きいお部屋もあるので団体様もご利用いただけます。そしてワンちゃんと温泉に入れたり一緒に休憩出来たりします。入場料は大人1100円、4歳以上小学生以下の子供が550円とリーズナブルな上、源泉かけ流しとなっています。

AdobeStock_128833494.jpeg
イメージ

いかがでしょうか?次回は別の場所の温泉もご紹介していきたいと思います。

リムジンで行く温泉プランはこちら

温泉を楽しむ大人の旅は是非、リムジンで。
LIMOLOは皆様の優雅な旅をご提供いたします。

記事一覧

CONTACT

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00050-8880-5400